主將挨拶

主將挨拶

此の度は成蹊大學應援指導部のホームページを御覧頂き誠に有難う御座います。成蹊大學應援指導部第五十五代主將を務める事と相成りました曽我部隆介と申します。宜しく御願い申し上げます。先ずは旧年中多大なる御支援御厚情を賜り、無事に我々成蹊大學應援指導部が第五十五代へ代交代出来ました事を心より感謝申し上げます。
弊部は、昭和38年に創部して以来、四大学運動競技大会、チャリティショーの企画運営、体育会各部の応援、学内行事の参加や清掃等のボランティア活動を行って参りました。
我々は本年、「常に成蹊の勝利を意識し続ける」という事を目標にして居ります。我々の活動の基本である応援は、突き詰めれば選手の勝利にこそ其の意義があると考えて居ります。選手の力に成れるのであれば如何なる練習も乗り越え、成蹊の名を落とす事の無いよう礼儀を徹底し、小さなゴミでも拾い、成蹊に貢献する。此の様に日頃の活動や指導の意味を部員全員で考え、常に成蹊大學應援指導部の存在意義を問い続けて参ります。
現在、成蹊大學應援指導部の部員数は決して多くは御座いません。だからこそ、一人一人が最大限に努力する必要があると考えて居ります。そして、我々の応援の声が観客の皆様の声援の起爆剤に成る事こそが、「應援指導」では無いかと考えて居ります。皆様と共に選手の力となり、感動を共有して参りたく存知ます。
改めまして、皆様方には日頃からの御支援御声援賜りまして、自分のみならず部員一同深く感謝して居ります。此の感謝の気持ちをを忘れず今後も成蹊の為に何が出来るか、何を為すべきかを考え続け、活動に取り組んで参ります。今後共変わらぬ御声援を賜ることができれば幸甚で御座います。


成蹊大學應援指導部
第五十五代 主將 曽我部隆介